×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本版SOX法対応支援に関する考え方

1.内部統制の基本的枠組み
 
 

 2007年2月15日に金融庁から確定版として発表された、「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準」では、「経営者が内部統制を整備及び運用する役割と責任を有してお
り、この基準に照らして内部統制の評価を行い、その結果を外部に向かって報告するこ」が明確に記載されています。その趣旨については八田教授インタビュー参照

 (1)内部統制の基本的枠組み 参照

2.ITが果たす役割
  2006年9月にCOBITを発表したITガバナンス協会が、「財務報告に係る内部統制の設計と

導入におけるITの役割について(第2版)」という文書を発表しています。
 この文書では、企業においてITが果たす役割を下図ようにモデル化しています。
???€?L画像クリックで拡大
ITの役割 左図においてはITが果たす役割を以下の3つに分けています。
    1.IT統制環境:全社レベルの活動(IT全社統制)
   2.アプリケーション統制(IT業務処理統制)
   3.IT全般統制
 この3つの中で「全社的な内部統制」のITの活動として位置付け

られるのが、「IT統制環境」になります。また、「業務プロセスに係
る内部統制」として位置付けられるのが、「アプリケーション統制」
 

              と「IT全般統制」になります。
 

 
3.J-SOXを超えて
 
企業価値向上のためのERM(全社的リスクマネジメント)への発展


???€?LERMの枠組み:画像クリックで拡大
ERM枠組み J-SOX対応つまり財務報告に係る内部統制システムの整備は、企業が市場に参加する必須要件ですが、それだけでは、企業にとって、大きな付加価値は生まれません。
 付加価値を更に向上するためには、財務報告以外の事項に係る内部統制も整備するとともに、企業を取り巻くリスクを統合的に管理するERM(会社全体のリスクマネジメントの枠組み)の視点が重要になります。J-SOXへの対応を、企業力を強化する付加価値の高いERMへと発展させていくことを忘れてはならないのです。
 

弊社は、貴社のERMへの取組みをご支援させて頂きます。   
  

  参考記事:企業価値を高める究極のIT基盤整備 

                                                                                                                                                                  サイトメニューへ